心のケア

地震から一夜明けて、次々と明らかになる被害の状況に、言葉が出ません。
テレビを見つめ、その惨状に胸が締め付けられる思いです。
改めて、地震ー(長音記号1)と津波牡牛座の恐ろしさを思い知らされました。
被災された方、ご家族の安否が分からない方の気持ちを思うと心が痛みます。

そんな中でも、愛犬犬を大事そうに抱えて避難する方の姿をテレビが映していて、
大事な家族の一員ですものね、、、と、暖かい気持ちになりました。かわいい
ただ、命からがら、慌てて抱っこして逃げたようで、リードがないのを見て、
ひらめきっとしました。
我が家のチワワンズ犬(笑)は、家家の中では首輪すら付けていません。
それなのに、すぐにぱっと持って逃げられる準備なんて、何もできていないんです。
防災対策と準備の重要性を強く感じ、
色々な意味で見直しをしなければいけないと、大反省です。ふらふら




お陰さまで、我が家は停電も断水もなく、いつも通りの生活をおくっています。
でも、チワワンズ犬(笑)への地震の影響は、少なからずともあります。

私の膝を枕にして、安心して眠る眠い(睡眠)しゅうくん犬(笑)とくれあちゃん犬(笑)

 DSC00129(補).jpg

しゅうくん犬(笑)は、皆を一生懸命守ってくれていたと思います。
でも、相当恐かったようで、私にくっ付いて離れません。
私の姿が見えなくなると、切ない声で必死に探します目

くれあちゃん犬(笑)は、余震で揺れだすと固まって動かなくなり、
ビックリするほどガタガター(長音記号1)と震えます。
揺れがおさまって落ち着くまで、抱っこして背中を撫でることしかできなくて、
胸がいたくなります。

災害時には被災者への心のケアが重要だと言われていますが、
それは人間も動物も同じなのではないでしょうか。




マイペースなろあくん犬(笑)も、背中をピッタリ私の足にくっ付けて眠っています。

 DSC00130(補).jpg




元気ッコるんるんかろんちゃん犬(笑)は、いつもと変わらず。
と言うか、あまり恐さを感じていないと言った風です。

 IMG_2482(補3).jpg

同じように暮らしていて、同じように地震にあっていても、
反応はそれぞれですね。顔(ペロッ)

まだまだ余震が続いていて、度々揺れるので、
地震の次の日が土日だった事に感謝です。
たくさん抱っこして、身体を撫でて、安心揺れるハートさせてあげたいと思います。

地震ー(長音記号1)が起こったとき、そんな時にお留守番家だったチワワンズ犬(笑)
一緒に居てあげられなくて、恐い思いをさせてしまったこと、
本当に申し訳なくて、悲しくなります。
この土日で少しでも長く傍にいようと思うママなのでした。