災害時のペットの避難所

この地震の報道の中で、愛犬犬や愛猫猫を連れて避難する方の映像や、
はぐれてしまったペットを探して再会する方の姿を捉えた場面が報道されて、
ペットも家族の一員と言うことが、とても印象深く嬉しく思いました。顔(笑)

ただ、そんな中でも、やはり人間がこんな窮地の状態なのに、
ペットのことまでは言えない・・・と、ペット連れで避難されている方は、
とても肩身の狭い思いをされているそうです。

そして、避難所や仮設住宅は『ペット不可』なところが多く、
更に避難生活に苦慮されているようです。ふらふら


そこで、テレビ「ぽちたま」で有名な松本秀樹さんが、「Natural Dog Style」にて、

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』


の呼びかけを行っているのを知り、私も署名をさせてもらうことにしました。 


我が家も、大切なしゅうくん、ろあくん、くれあちゃん、かろんちゃんがいます。
今回の地震で、もしマンションが倒壊して避難生活をすることになっていたら・・・
と思うと、他人事ではありません。
見た目はワンコの姿をしていますが、大切な大切な家族です。

阪神淡路大震災の時にも、この署名で、
仮設住宅へのペットの入居が許可されたそうです。
当時私はこの署名を知らなかったので、署名をしていませんが、
今回はこの情報を知ることが出来たので、少しでもお役に立てればと思います。
前回は、松本さんが個人で署名を集められたそうです。


しゅう 「ぜんこくのなかまが、つらいおもいをしているのは、こころがいたみますぅ」

 IMG_3727(補3).jpg

そうですよね。
例え小さな1つの署名メモでも、集まれば大きな力になると信じています。





しゅう 「ひさいした、かいぬしさんや、ボクのなかまたちに・・・
     『がんばってくださいexclamation×2

 IMG_3728(補3).jpg

ペット犬も大切な一つの命ぴかぴか(新しい)です。
一緒に復興を目指して、頑張って欲しいと思います。パンチ