男のプッチンプリン

食べ物ネタバカリ続いていますが・・・たらーっ(汗)
プッチンプリンの変り種限定シリーズは、どうしても手を出してしまうので、、、顔(ペロッ)
久しぶりに見つけました。目

『男のプッチンプリン』ですっひらめき

 DSCF1484(補2).jpg

どうやら、今までの甘い系のプッチンプリンとは、
一線を隔する「おつまみ冷奴風!」だそうな。
そして、「※このプッチンプリンはあまくありません」の記載がexclamation×2

プッチンプリンが甘くないってどういうことでしょう?
しょうゆ味ソース(しょうが香料使用)ってexclamation&question





私の頭の中で、疑問???がいっぱいになりながら、
とにかく、開けて食べてみるしかないってことで、思い切ってプッチングッド(上向き矢印)
そして、それを見守る女のコリボンチームです。顔(笑)

かろん 「みためは、いつもと、かわらないでしゅね~」
くれあ 「ちょっと、いろじろでちゅっ」

 DSCF1488(補2).jpg

確かに。
見た目目は普通のプリンとそんなに変わらないように思いますが、
くれあちゃん犬(笑)の言う通り、冷奴風と言うだけあって、プリン本体が色白です。





近づいて、もう少し良く観察してみましょうか。

かろん 「クンクンクン・・・あまいにおいは、しないでしゅねぇ。。。」
くれあ 「ショウガのにおいが、するでちゅ。これ、プリンじゃないでちゅね。」

 DSCF1492(補2).jpg

あははは。
確かに、甘い匂いもしなくて、生姜の香りがするなんて、プリンじゃないですよね顔(笑)





その言葉に、しゅうくんも確認に来ましたよ。

しゅう 「たしかに、いつものプリンとは、なんだか、ようすがちがいますねぇ。」
かろん 「でしゅねぇ」

 DSCF1491(補2).jpg

さて、チワワンズ犬(笑)の前評価は微妙ですが、
甘くないと言うからには、今までの激甘プッチンのイメージは捨てて、
いざ、いただきますよっパンチ


結果は・・・

『出汁と生姜の濃い目のソースがかかった、
 クリーミーな絹ごし冷奴』ですね。

最初数口は、まぁ、美味しかったんですが。。。
食べているうちに、このソースがあまりにも化学調味料そのものの味で、
段々、食べるペースがダウンバッド(下向き矢印)
開けてしまったので、ムリムリに全部食べたら、気持ち悪くなっちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)
自分は化学調味料を使わないので、ここまで強いとちょっとキツかったです。

これなら、ちょっとお高めでも、高級なお豆腐を買って、
生姜摩り下ろしてポン酢かけた方が良かったかも。。。顔(汗)(結果論ですが)

いつも、突飛ひらめきな組み合わせでも、
なかなか美味しかった限定プッチンだっただけに、
ちょっとガッカリバッド(下向き矢印)な新作でした。